fc2ブログ

ハーブのカクテルで一杯デス

Posted by 「香りマロウブルー」財津園美 on 19.2010 ハーブ 2 comments 0 trackback
ハーブ水 
  ハーブをアルコールに漬け込むと、
 チンキ剤というものができます。
 
 約一ヵ月、じわじわとハーブの成分を抽出してゆきます。

 写真の真ん中は、ローズマリーなど
 ハーブを漬け込んでいるところ。
 
 数種類のハーブが、ゆっくり浸かってます♪

 左端の茶色い液体は、約一ヵ月抽出したものを、
 漉したものです。

 これ、飲んでも美味しいんです☆
 
 とっても、ハーブらしい香りがします。
 奥深~い香りです。
 
 今夜は、その抽出されたものに、
 アカシアのハチミツを入れて、
 お湯で割りました。

 お味は、チンザノのお酒に似ています。
 飲むと、口の中も、お腹もすっきりします。
 
 手作りのハーブ・カクテル
 最高です☆
 
 明日は、ジンジャーパウダーを入れてみようかな~ 
 
 
 
 

新学期

Posted by 「香りマロウブルー」財津園美 on 22.2010 読み聞かせ 2 comments 0 trackback
昨日、久しぶりに、読み聞かせボランティアに行ってきました。
今回は、新5年生の教室でした。

朝の挨拶をして絵本を読み始めます。
取り立てて、生徒さんと交わるわけではありません。

でも、今回は、新学期の教室だなぁ~と思ってしまいました。
何が?ってきかれても、答えられないのですが、
教室の中に、よい緊張感を感じました。


今回の絵本は、『皇帝にもらった花のたね』。

花がたくさん咲き乱れる国の皇帝は、
世継をきめるために、花の力を借りることにしました。
その国の子どもたち全員に、花の種を一粒渡します。

「一年後、咲いた花を持って、皇帝に会いにくるように」と。

花を育てるのが大好きなピンという男の子も、種を大事に育てました。
でも、どうしても芽がでてきません。

とうとう春が来てしまいました。
他の子どもたちは、見事に咲いた花を持って、
皇帝の前に行きました。

でも、ピンは、何も咲いていない植木鉢を持って、
皇帝の前に行きました。

皇帝は、ピンに、「なぜ何も咲いていない植木鉢を持ってきたのか」と、ききました。
ピンは、恥ずかしさでいっぱいでしたが、
「水を与えても、よく肥えた土に植え替えても芽がでませんでした」と、正直に、答えました。

それを聞いた皇帝は、ピンを世継にすることにしました。

子どもたちに渡した種は、
一度火を通しており、決して芽がでないようにしてあったから。

花の咲いていない植木鉢を持ってきたピンの、
正直さと、勇気が世継ぎにふさわしいということで・・・。


新学期、色々な想いが芽吹く季節。
読んでいる私にも、聞いてくれた子どもたちの元気さを貰ったようです。

月に一度、朝の15分という時間ですが、
とっても、大事な時間だな・・・と改めて思いました。
  

プロフィール

「香りマロウブルー」財津園美

Author:「香りマロウブルー」財津園美
本が好き。香りが大好き。
(社)日本アロマ環境協会アロマテラピーインストラクター
(社)日本アロマ環境協会認定教室
JAMHA認定ハーバルセラピスト
香楽塾認定パフューマー
フレグランス財団フレグランスセールススペシャリスト
ラッピングインストラクター 

ブロとも一覧

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード